ホーム » 摂る » スイカをおつけものにしてシトルリンを食べましょう

スイカをおつけものにしてシトルリンを食べましょう

読了までの目安時間:約 2分

gfgffghgj

夏になると果物コーナーに必ず出てくる真っ赤でジューシーなスイカが並びます。

水分ばかり、90%は水分だと言われるスイカですが、赤色色素はリコピンという成分で、エイジングケアには適切ですし、ダイエットに、むくみ予防にカリウムが豊富だと非常に嬉しい果物なのです。

血流をアップさせてくれるシトルリンは冷えやむくみをサポートして新陳代謝をアップします。ですからスイカをたっぷり食べるほどに足のパンパンがなくなります。

エアコンの冷えが気になるという夏場でも、シトルリンのサプリメントを飲んでいれば安心できます。味の濃い物をこってりと食べてしまった時にも、シトルリンのむくみ改善効果を見込むことができます。

冷え性にぴったりのシトルリン、おつけものも美味しい

 

シトルリンは冷え性予防にぴったりだ、ということが期待できますから、赤い果実の部分だけ食べるのはもったいないと思いませんか?

白い部分はスイカにはけっこうたくさんありますよね。その部分も活用してみましょう。そのまま食べても何も味わいがありませんから、カットして浅漬けや漬物にしてみるとよいでしょう。

塩麹につけて一晩おくだけで立派な漬物になります。塩だけで熟成させても美味しいのでやってみましょう。

ですが、そもそも人は何故冷えるか分かっていますか?実は血液が体中を巡回することで温まっているのです。つまり、血液が温かいのです。

冷え性がどこから来るのか考えると、血流が悪い場所が冷え性になっています。末端の手足はよけいに血液が届かなくなりますから、冷え性は血行不良により起こるとみてよいでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

どんな効果?
カテゴリ
最新の投稿